So-net無料ブログ作成
検索選択

福山雅治 映画 そして父になる ねたばれ [テレビ]



スポンサーリンク




福山雅治主演の映画そして父になる」が、
2月7日(土)21時から地上波初放送されます。
「そして父になる」のねたばれです。



福山雅治 映画 そして父になる ねたばれ




映画「そして父になる」は、
2013年9月に公開された映画で、
第66回カンヌ国際映画祭で、
審査員賞を受賞した是枝裕和監督の作品です。



映画館で鑑賞された方は、

・とっても感動した。
・もし、親の立場だったらと考えさせられた。
・作品としてのクォリティが高い。

などと感想を述べています。



映画「そして父になる」は、
地上波初放送なんですね。



感動の作品、
血の繋がりが大事なのか、
育てた環境が大事なのか、
とっても考えさせられる映画に仕上がっています。



映画「そして父になる」のねたばれです。



6年間育てた息子は、
実は他人の子供であったと、
ある日突然病院から連絡があります。



取り違えられた相手方の家族は、
群馬県で小さな電気屋をしている斎木家族(リリー・フランキーと真木よう子)であった。



斎木家には、
取り違えられた息子の他に2人の子供がおり、
狭く古い家で賑やかに生活していた。



病院により引き合わされた両家族は、
戸惑いを抱えながら交流を始めます。



6年間もの年月、
自分の子供と思い育ててきた両家は苦しみます。



子供を交換するなら、
子供が小さいうちの方が良いという良多の意見で、
交換する方向となります。



良多は、
自分と血の繋がった子と打ち解け始めるが、
ある夜子供から「元の親のところへ帰りたい」という本心を聞く。



良多も、
6年間自分が育てた子が自分にしてくれた事や、
一緒に過ごしてきた時間を思い、
一人涙を流します



野々宮夫妻は、
子を連れて斎木家へ向かいます。



そして、
良多は6年間育てた子に心からの思いを話し、
父としての自分と向き合います。



映画の最後、
両家族が「交換」をやめたのかどうかは、
はっきりとは描かれていません。



絆とは何か、親子とは何か、
考えさせられる「そして父になる」です。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。