So-net無料ブログ作成

マッサン 英一郎 死因 [テレビ]



スポンサーリンク




北海道にいるマッサンの元へ、
鴨居商店の大将から英一郎が死去した連絡がありました。
英一郎の死因は何だったのだろうか。



マッサン 英一郎 死因




北海道でウイスキー作りを目指すマッサンに、
鴨居商店で働く英一郎の死去が伝えられました。



この報告に、
大将(鴨居欣次郎)も、マッサンも、エリーも、
悲しみに至らしめました。



英一郎の死因は、
“心臓発作”でした。



特に鴨居の大将にとって、
英一郎は自分の右腕であり、
後継者として期待していたはずです。



鴨居の大将のモデルとなったのは、
サントリーの創業者・鳥井信治郎ですが、
1940年(昭和15年)に長男で寿屋(鴨居商店のモデル)の副社長を務めていた
鳥井吉太郎を心不全で亡くしてしまいます。



当時の鳥井吉太郎は、
なんと33歳という若さでした。



当時の寿屋ではその3年前に発売した「サントリーウイスキー12年」
(現在のサントリー角瓶)がヒットして、
ようやくウイスキー事業も軌道に乗ります。



この商品の開発にも、
史実のマッサン(竹鶴政孝さん)から
ウイスキーづくりのノウハウを伝授されていた吉太郎も
関わっていたと思われます。



最近のマッサンは、
舞台を北海道に移し、
大阪の鴨居商店は、
描かれていませんでしたので、
ちょっとビックリですね。



ても、マッサンは、
英一郎の死去が後押しとなって、
出資者らに内緒で、
ウイスキーの仕込みを始めることとなります。



その結果は、
マッサンを見てのお楽しみです。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。